奈緒が使った出会い系サイトはJメール、ハッピーメール、YYCの三つだったと教えてくれました。
女は無料で利用ができるから、複数を同時に使って募集するほうが効率よく相手探しができるようです。
三つの出会い系サイトの中に設置してある掲示板に、投稿を繰り返して募集していくことで、優しいパパと知り合えるチャンスが生まれることを教えられました。
「投稿するときは、お金くれるパパって書いちゃダメだよ」
「そうなの?」
「金銭の書き込みがダメにされているから、書いてしまうとアカウントが使えなくなっちゃうからね。だから『私の生活を応援してくれるパパと知り合って、癒されながら食事したい』って感じで投稿しなきゃダメ」
出会い系サイトは金銭の書き込みには、デリケートになってしまっているようです。
ただそのことを書かなければ問題にならないようです。
メールが届いたら、LINE交換は早くしなければいけないことも教えられました。
男性側がポイント消費を防ぐためと、金銭のやりとりをこちらでやらなければいけないことが理由のようです。
早くIDを教えた方がより良い印象を与えることにも繋がるようでした。
あれこれ教えてもらったから、友人の使った出会い系サイトに登録することにしました。

 

 デートするだけでお小遣いをくれるパパを探す投稿をしていきました。
パパを見つけて副業にして、リラックスした生活を手に入れるために出会い探し開始です。
デートのみでお小遣いを出すパパは存在していることがわかっていますから、気長に募集を続けていくことにしました。

 

 とても若いパパからの連絡でした。
10歳違いの39歳の方から、Jメールにメールが届きました。
この年齢でパパになるなんて、すごい人なんだなと思いました。
軽いメール交換の後は、無料通話アプリを使っての直接会話になりました。
年齢が大きく離れていないから、話題も近かったのか随分盛り上がりました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ活サイトBEST5
パパ活の成功者に教わったサイト